2011年07月23日

『ナメクジ的ステップ』

ボロボロのハンドルを握る

膝枕アキラは海へ向かった
所帯を持った、一人前の男
ポケットにはサビオを三枚
彼は常に現実とは何かを考えている
拡張現実のエンターテイメント
コンテンツのプログラミング制作が彼の仕事
哲学的であり 物理学的でもある

海には
蟹10匹
水着の女学生400人
サングラスおじさん50人
一眼レフカメラ58台
監視人4人
奇人2人
ゲソ太郎1人
それらが ひしめき合っている

膝枕アキラは海岸に
カラーリングした段ボールで
家を建てる
まるでヘンゼルとグレーテルの
お菓子の家みたい
中に入り
瞑想を始める
人々が好奇の目で見ている
ことを想像し微笑んだ

20分後
汗ばんできて 限界
コンクリートへ帰ろう
ナメクジ的スッテプで
海を後にする

彼の仕事は現実を考えること





http://boolpod.up.seesaa.net/image/namekuzi.mp3
posted by bool at 01:27| Comment(0) | 現代詩朗読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

『こんもり公園』

平日の昼間の公園のベンチ
手を開いてみると
何故かボルトを握って
いたってことあるかい?
俺はよくあるんだ

まず平日の昼間から公園にいる
ほど暇じゃないし
ボルトを無意識に
握ってしまうような
危ない人では僕はありません

そうだよな
そんな体験誰もがするもんじゃ
ないよな でもさ
だからこそ、今からやってみないか
ネジ握り in the park




http://boolpod.up.seesaa.net/image/konmoripark.mp3
posted by bool at 02:29| Comment(0) | 現代詩朗読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。