2012年10月10日

『現象A』

セカイとかいう前に、 隣のやつと、喋れるようになれよ
嫌いだな、僕はこの言葉 飴太郎は
ブリーフで100m走の スタートラインに立って呟いた

寒いやつほど良く吠える
僕の嫌いな言葉だな
飴太郎は全裸で呟いたああああああ。

ギンガムチェックの風俗嬢
タイムマシンでコンニチハ
エロ本立国 お股に乾杯
てへぺろ政治で世も末だ

名前は要らん キンタマが叫ぶ

暗示を受け入れよう
君が暗闇を食べてくれるのなら
千の夜を超えて 包茎は今、輝く

右キンタマ は カワイイ
左キンタマ と 親しい
戦争が起こらないことを心から願う

禁断を戒めよ
美醜のみで判断して構わない
あかね空にキンタマ一房
角刈りに唄ヲ

ちゃんと飲んで 象を押してごらん
ミミは都会に渦巻く波動をかき分ける
悪い気は陰部に溜まる
だからそれを 口で吸い出してもらうか
自分で弄ってそれを取り除くの
都会に生きる ミミに顔は無い

人は尿意に勝てない
オムツを着ける勇気と 東京の空

「しこる」とは自分との会話だ
鋼鉄の門がゆっくり開く
俺は別に門の外に出る気はない



posted by bool at 04:27| Comment(0) | 現代詩朗読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。